友達の友に古里の里と書いて、友里といいます。ゆりちゃんて読んでください。

自己紹介をしますっ


私がブログを始めたきっかけについて

私は幼少期〜青年期にかけて暗い性格でした。
虐待の連鎖からくる父親の軽いアル中、夫婦の不仲により愛着障害から精神に支障をきたし、
その為物心ついたときから、対人恐怖、摂食障害、自律神経失調症の症状が現れ始めました。
常に体はだるく、気持ちは沈んでいました。
わたしの青春時代はほとんどが灰色でした。


コミニュケーション障害のため、 給食の時間やグループでの会話が苦手でした。
休み時間やお弁当の時間を一人で過ごすことも多く、辛かったです。
修学旅行なども楽しかった記憶より辛い記憶ばかりです。


その当時は自分では気づいていなくて大人になってから発覚したのですが、私はadhdの症状が結構ありました。
忘れ物が多いい。頭がちゃんと働かない。落ち着きがない。こだわりが強い。人の気持ちがわからない。好きなことの集中力があるが、切り替えが難しい。など。
調べたっけか、先天的で遺伝的なものだそうです。


成人してからはもっとひどくなり、鬱状態、躁状態、  引きこもりを2回経験しました。本気で自殺を考えたこともあります。


もちろん恋人も生まれて30年間できず、性だけの関係を愛情と勘違いして依存しそうになったこともあります。

そんな暗黒時代から抜け出せたきっかけは、スピリチュアルとの出会いでした。
江原さんの本から始まり、様々な人の書いたスピリチュアル本を読むことでなんとか暗黒時代を乗り切りました。
瞑想や、健康に気を使った食事、ヨガなどを取り入れていくことで、徐々に元気を取り戻していきました。

他人と深い関係になれない
会話にはいれなくて寂しい
彼氏ができない
自分を表現することが苦手
自分のことが大嫌い

そんな灰色時代を、このブログを通して振り返って、
同じように心が苦しくて悩んでいる人の役に立って神様に恩返しがしたい。
今まで表現できなかった分、自分の魂の色を思い切り表現したい。
楽しいことや嬉しいことをいろんな人と分かち合いたい。
これからもっともっと成長していきたい。


そんな思いから、わたしはブログをはじめました。


保育の仕事について

自分がなにをするために生まれてきたのか、自分の天命を凄く探した時期がありました。
そのとき、子供の成長を手助けするということが一番ピンときました。
そのために神様は、保育士に必要な資質を私に与えてくださってと思う。
ちゃんと精神が育たなくて辛かった経験もしたし、それを保育にいかしたいと思った。
灰色時代は、そのための神が与えた試練だったと思っている。



タロット占いの仕事について

不安定な精神をスピリチュアルカウンセラーに話すことで、いい方向へ導いてもらったり、
今まで自分で決められないことが多く、占いやスピリチュアルカウンセラーを頼ることが多かった。
そうしていくうちにちょっとだけスピリチュアル能力みたいなものが身につき、
あるときに、スピリチュアルヒーラーとしての役割があり、タロットでカリスマになりなさいとお告げがある。
今度は自分が悩んでいる人の役にたちたいと考え、タロットを学び始める。